デスクトップパソコンの利点と欠点

デスクトップパソコンの利点とは、容量がノートパソコンに比べて大きいので、大量のデータを保管しておく事が可能であるという事が挙げられるでしょう。また、種類によって変わってくるのですが、CPUも複数使用する事ができる種類があるので、より高速処理をする事が可能になります。

詳しく読む

ノートパソコンの利点と欠点

ノートパソコンの利点は、折り畳みタイプになっているので、使用しない時には折りたたんでしまっておく事ができる為、キーボードや画面などが汚れにくいという利点があります。また、軽量でコンパクトなサイズになっている事から、外へも自由に持ち運べる事が利点と言えるでしょう。

詳しく読む

パソコンの価格について

パソコンを購入する時に注目するべき所は、メモリーの容量やCPU、解像度やOSなどを重要視する事が多いですが、価格を重要視して購入する人も多いでしょう。パソコンの価格は近年下がり続けているので、昔に比べるとかなりお買い得になっているという事が言えます。

詳しく読む

機能の多さで選ぶ方法

パソコンには色々な機能が付いているので、機能で選ぶという方法もできるのですが、初心者の場合は詳しく機能の事はわからないので、わかる範囲で機能が付いているパソコンを選ぶべきでしょう。基本的な機能は当然付いているので、初心者の場合はそれ程機能にこだわる必要がありません。

詳しく読む

処理スピードで選ぶ方法

パソコンは処理スピードが早い程、起動してから自由にパソコンが使えるまでのスピードも早くなりますし、インターネットに接続する時や、ダウンロードをする時にも早く終了する事ができます。注目するべき所はCPUなのですが、CPUの処理速度はヘルツで表示されます。

詳しく読む

容量の大きさで選ぶ方法

パソコンを選ぶ方法には、容量の大きさによって選ぶ方法もあるのですが、容量が大きければ大きい程たくさんのデータを記録しておく事ができます。容量を表しているのはバイトと呼ばれている単位で、パソコンに搭載されているディスクの大きさで決まります。

自作パソコン

自分で部品を購入してきて組み立てるパソコンを自作パソコンと呼んでいるのですが、ある程度パソコンのプログラムに関する知識と、パソコン部品に関する知識がないと難しいでしょう。自作パソコンでよく起こるトラブルは、パソコンが動かないというトラブルです。

インターネットに接続

インターネットに接続する為には、まずプロバイダーと呼ばれている会社と契約をして、インターネット回線を使用できるようにするのが一般的です。おもな接続方法としては、常時接続と言われているADSLを利用してインターネットの接続する方法と、光ファイバーと呼ばれている高速接続を利用する方法、更にはテレビ回線を使用したケーブルテレビを利用する方法があります。

詳しく読む

このページのトップへ